クレジットカード現金化の悪徳業者に要注意!

クレジットカード現金化で詐欺を働く業者に注意してください!悪徳業者を見破る方法や特徴を説明!

還元率が曖昧な業者は危険

a1180_001396現金化は非常に利用が簡単なので、現金に困っている人は利用したいと思うかもしれません。しかし利用の際には注意する必要が有ることがあります。悪質な業者にだまされないということです。正しい知識を持っているだけで騙されることはなくなるでしょう。

ここでは悪質な業者の中でも還元率が曖昧な業者について紹介していきましょう。

還元率は現金化において非常に重要なものになります。曖昧な業者においては還元率を大体の数字で伝えたり、幅のある説明をしたりします。基本的には何%です、とはっきりと伝えてくれるはずなので、曖昧ないわれ方をした場合には悪質かもと思いましょう。

もちろんプランによって還元率が変わってくるということもありすべての業者が悪質ということはありませんが、その場合にはプランごとの詳細を確認する必要があります。もしそれでも曖昧にするようならその業者を利用するのは避けたほうがいいでしょう。

還元率が異常に高いというのも怪しいです。中には詐欺的な手段をとっている業者もあります。現金化と言っても商売なので、幾分かは利益を上げる必要があります。そのため還元率は100%では商売ができないのです。基本的には経費などもひかれて80%前後だと考えておいていいでしょう。

もし100%や95%などの還元率を謳っている業者があった場合には、基本的に悪質な業者だと考えておきましょう。そういった宣伝文句に騙されることなく、しっかりと安全な現金化を利用するようにしましょう。

現金化の際にはクレジットカードを利用することになります。そのため悪質な業者はクレジットカードの情報を知り、それを悪用するわけです。悪質な業者にだまされないためにもクレジットカード現金化 比較サイトにも注意して利用する必要があるでしょう。

悪質業者は基本的に口が上手です。どんなに言葉巧みに誘導されてもだまされないようにしましょう。クレジットカードの番号は教える必要がありますが、暗証番号を聞いてくる場合には悪質な業者です。暗証番号は現金化の際には必要はありません。そのため暗証番号は絶対に教えないようにしましょう。

暗証番号を聞く業者にも注意

a0006_000607暗証番号を教えてしまった場合、その後偽造カードを作られてしまいます。そのまま悪用されてしまうでしょう。

申し込みフォームを利用する際には注意が必要です。インターネット上で個人情報を記入することになるので、そのセキュリティはしっかりと確認しておきましょう。基本的にはSSL暗号化というロゴがあります。こういったものがない場合にはセキュリティがしっかりしていないと考えていいでしょう。こういったサイトで個人情報を記入するのは危険です。

もちろん電話でも暗証番号などのクレジットカード情報は伝えないようにしましょう。録音されていたり盗聴されていたりします。そのため基本的に暗証番号は伝えないということを心がけておく必要があります。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし
    Copyright© 2013 クレジットカード現金化の悪徳業者に要注意! All Rights Reserved.